山陰方面遠征(2日目/広島・津和野編)

カテゴリ:
1日目の続きです。
広島市街地で一泊した後は始発で動き出します。

IMG_1664_1
列車を乗り継ぎ江波車庫へ(敷地外より撮影)。
左から順に元大阪市電,元西鉄福岡市内電車,元京都市電らしいです。
大阪京都は地元なので写真で見る機会も多いですが、福岡は知らなかった…

IMG_1665_1
江波に来た目的は何といってもシャルさんこと200形!
でも柵と格納庫の扉が邪魔でこの程度にしか撮れない…(´・ω・`)

IMG_1674_1
係員の誘導の元、最短2分間隔で次々と電車が出庫し、街へ向かいます。
ついつい見惚れてしまうひとコマ…

で、外からこの景色を10分以上見続けていたわけですが、
流石にこのまま帰るのも不完全燃焼なのでダメ元で車庫内撮影のお願いに行くことに…

あっさりと許可がいただけました…

IMG_1691_1
朝焼けシャル。

IMG_1698_1
衣装そのまんまですよね!近くで見ると改めて感動。

IMG_1706_1
後ろにいたのは100形。
11月~3月運行のシャルと交代で4月~10月の土日に運用されているそうです。
こちらも是非一度乗ってみたいですね。

IMG_1722_1
サイドから。大きなパンタグラフもシャルを連想させます。
こんなに実車そっくりなんてもう感動するしかない。

IMG_1729_1
斜め前から。どこから見てもシャルはシャルだった。
しかし窓が大きいですね。見晴らしもよさそうですし今度来たときは乗りたい…

職員の方にお礼をして、車庫撮影はこの程度に市街地へ戻ります。
忙しい時間に入れていただき本当にありがとうございました…
(ちなみに、明るさのこともありますし車庫訪問するならお昼の方がおすすめです)

IMG_1753_1
次に向かったのは原爆ドーム。

IMG_1756_1
比較的被害の少ない部分からは建築された当時の重厚な姿が偲ばれます。

IMG_1755_1
一方で崩れ落ちた残骸やねじ曲がったらせん階段からはその惨状も…
あちこちに補強の鉄骨をはめ込まれつつ、満身創痍で今も何かを伝えようとしています。

IMG_1762_1


この後は朝ご飯を食べに行きます。近いので徒歩。

IMG_1763_1
途中、神戸市電とすれ違いました。
色と車号の書体でわかるよねっていう。地下鉄が今も引き継いでるので。

朝ご飯の後はスタンプラリーの目的地へ!

IMG_1785_1
広電本社前です!
江波よりは連接車両が目立つ印象。こちらは時間がないので入りません。
(てかそもそも入れるのかしら)

ちゃっちゃとスタンプを押しつつ広島を後にします。
久しぶりに鉄道が面白いと思えました…絶対また来ますよん。

さて、2日目の第2目的地は…?
IMG_1812_1
IMG_1831_1
山口県をすっ飛ばして島根県はここ津和野が第2目的地です。
割と有名なんで目的地に設定したものの…ここで90分も暇が潰せるのか…?

IMG_1816_1
取り敢えず駅の外に出ると目に入って来た蒸気機関車。

IMG_1858_1
「デゴイチ」の愛称でお馴染み、D51形蒸気機関車です。

IMG_1821_1
恥ずかしながら蒸気機関車の運転室に入り込むのはこれが初めて(たぶん)。

IMG_1828_1
大きな圧力計がずらりと並ぶ姿を見ていると、本当に蒸気で動くんだなぁと。
動いてる姿を生で見たくなりました…そのうちどこかに乗りに行こうっと。

IMG_1834_1
列車が来る瞬間を収めたくなる踏切。
残念ながら自分が乗る列車までここには何も来ません…

IMG_1835_1
いかにもなタバコ屋と自転車屋。まるでジオラマの世界に入り込んだかのようです。
こういう街並み、好きだなぁ。

IMG_1838_1
赤瓦とも言われる石州瓦の色が美しい建物。学校かな?
答えはのちほど。

IMG_1841_1
殿町通り。こちらの菖蒲とお掘が有名なようですが、菖蒲が冬に咲いてるわけもなく。

IMG_1843_1
でも鯉が泳いでいました。

IMG_1836_1
よくわからないけどアヒルもいました。

さて、先ほどの建物クイズの答えを…

IMG_1846_1
津和野町役場津和野庁舎(旧鹿足郡役所)です。この役場、建築は1919年というから驚き。
門の前には早くも門松が飾ってあり、これぞ和風建築という風景が展開されておりました。

IMG_1850_1
落ち着いた城下町の風景が続きます。

ところがそんな中異彩を放つ建物が…

IMG_1847_1
ゴシック様式の真白な建物が姿を現しました。津和野カトリック教会、昭和6年の建築です。
ずっと和風な流れだっただけに、見つけた時あまりの様式の違いにビクッとしました。
ちなみにこの外観でいて中は畳敷きだそうです…

IMG_1852_1
日暮れ前に訪れたのは覚皇山永明寺。島根県の指定文化財です。
資料館には森鴎外に関する資料や手紙なども展示されていました。
年の暮れの平日ということもあり人もおらず、実に静か…

IMG_1855
庭園を見ながら水の音だけに耳を傾ける静かな時間。
こうした静けさ、無の時間こそ今の自分に最も足りていないものだったでしょう。

心地よさの余韻に浸りつつ、津和野を後にします。

IMG_1874_1
山陰本線は温泉津駅で特急の接続待ち。暇なので降りました。

IMG_1872_1
たぬきバス!

おしまい。3日目編に続く。

山陰方面遠征(1日目/尾道・宮島編)

カテゴリ:
2015年の暮れに突発遠征を仕掛けてきました。
島根は前々から行こうと思っていたのですが、
どうせなら広島にも行ってしまおうというその場の思いつきで、結局中国地方全県を通過するルートに。
書ききれないので取り敢えず初日を写真33枚で振り返りますー!

IMG_1531_1
今回の遠征第一の目的地尾道駅。右上の山には尾道城が見えますね。
写真を見てわかる通り天気が悪いです…道中は天気が良かったものの到着直前にはパラパラと雨が…

取り敢えず駅から東の方へ進みます。途中「お寺巡りコース」なる看板を見つけそのルートを歩くことに。

IMG_1481_1
こちらは持光寺です。

IMG_1482_1
細い道がうねうねと家々の間を張り巡らされています。
広い道よりもこういう道の方が落ち着いていいですね…

IMG_1495_1
見通しの悪い小径。
どこへ続いて行くのか…?そんなことを考えてワクワクします。
地図を見ずルートの看板だけに従う方が楽しいかもです(道に迷ったときは別ですが)。

IMG_1487_1
そして猫。山手には多くの猫が住んでいます。
ぬこ好きにはたまらん。

IMG_1493_1
観光ポスターで紹介された場所 らしい。

IMG_1515_1
どうせならこの写真みたく電線が見えなければなぁ…
今では電線を地中に埋めることもよくありますし、いつかは…期待。

IMG_1489_1
お地蔵さまがいっぱい。真ん中のお地蔵さま、柔和な笑顔が素敵ですね。

さて、坂と階段をぐんぐん登り千光寺公園に到着。

IMG_1502_1
天寧寺三重塔を手前に尾道市街を見下ろします。山陽本線の黄色い電車が通りすぎていきました。

IMG_1510_1
しまなみを眺め、瀬戸内海の穏やかさと薄く射す陽光がくれる穏やかな時間を堪能…

ここからは来た道を戻ります。

IMG_1516_1
ふっと入り込みたくなる道です。ちょっと寄り道。

道の先には…?

IMG_1518_1
志賀直哉の旧居がありました。
中に入るにはお金がかかるのですが、今回は時間がなかったのでパス。

IMG_1521_1
旧居からの眺めです。向かいの島はその名も「向島」です。そのまんま。
割と工業地帯チックなクレーン等目立ちますが、当時はそんなものも無かったのでしょうね。

南向きの窓から入る光に照らされてこの穏やかな海を眺める…
そんな余生の過ごし方、非常に憧れます。

IMG_1527_1
駅へ帰る途中、線路際々まで柵のないガードに遭遇。

IMG_1526_1
ピントもシャッタースピードも間に合いませんでした(;・∀・)すごい迫力。
さて、尾道はここまで。

この後呉線でうららちゃんをいい子いい子し続けながら(KenSumiさんありがとうございました)、
広島駅を通りすぎ宮島口駅へ。
大鳥居に近づく「大鳥居便」フェリーは16:10発までと聞いていたのでのんびりできません。

IMG_1545_1
船舶に乗るのは小学生の時に乗った鳥羽イルカ島の周遊フェリー以来…
18きっぷで乗れるのはありがたいですね。

IMG_1548_1
この頃には天気も回復…よかったです…

IMG_1550_1
大接近といいつつも潮が引いてるせいで近寄ってないのか…?こんな感じです。

そんなこんなで宮島に到着。

IMG_1563_1
気持ちよさそうな表情の鹿。
鹿だけなら奈良にもいr…いえなんでもありません。

IMG_1564_1
途中旅館やお土産屋が並ぶ道を行きます。
焼き牡蠣があまりにもいい匂いなので帰り道に買うことにしてまずは大鳥居へ。

IMG_1572_1
でっかい!!

そしてド逆光!!!!

IMG_1579_1
というわけで反対側です。

IMG_1581_1
一本の木がそのまま柱になっていたんですね…

IMG_1583_1
下へ目をやると、まるで木が生えてきたかのよう…
鳥居になるずっと前からそこに生えてた木なんじゃないかとすら思ってしまいます。
ただ見てもわかるように「根継ぎ」を行っていまして、上は1875年、根本は1950年のものだそうです。
海水や波風にさらされて来ただけあって年数以上の風格ですが…

IMG_1584_1
後ろを見ると社殿。こちらもまた美しい建物です(写真が傾いているのはスルーで)。

IMG_1585_1
日は山に隠れてしまいましたが空はまだ明るいですね。
自分が来たときは最後まで鳥居に水が来ず…足元が水に満たされた姿も見てみたいものです。

鳥居撮影もほどほどに社殿へ。
拝観時間ぎりぎりだったらしく自分が並んだ直後に列への門が閉められるという。危なかった…

IMG_1593_1
廻廊と五重塔。朱色が美しいです。

IMG_1598_1
"平舞台"というそうです。写真では見にくいですが奥の壁には松が描かれています。
拝観時間も終わったので急ぎ足で退散。

IMG_1602_1
狭い島かと思ったらこれが意外と大きかったです。街並みがまたいい感じ。
まあしかしですね、ろくな下調べもしてなかったので驚きの連続という(殴

IMG_1607_1
そして社殿の奥から大鳥居までぐるっと戻ってくると、夜間のライトアップが始まっていました。
あまりの美しさにフェリー乗り場まで戻る気も失せ…

IMG_1619_1
これほどまでに三脚を持ってきていないことを後悔することになるとは。
手持ち撮影だと限界がありまして、やはりノイズが目立つ…

IMG_1640_1
社殿もライトアップされておりましたがこちらはピンボケ…(´・ω・`)

IMG_1644_1
辺りが真っ暗になったところでフェリー乗り場へ戻ります。

IMG_1645_1
真っ暗な境内を抜けると明るい店の光が。どこか異空間から戻って来た感じすら受けます。

で、写真撮ってる間に焼き牡蠣の店は全部閉まってました(´ω`))))
絶対また来てやる…今度来るときは行きに牡蠣食べて三脚使ってライトアップ撮りに来てやる…

この後はフェリーで宮島口へ戻り、西広島まで。
西広島からは広電のお世話になります。

IMG_1652_1
さっそく京都市電の洗礼…広島すごすぎる…

夕飯はお好み焼きをいただきました。本場で食べて思いましたが大阪のそれとは全然違いますね…
遠征のついでに食文化の違いも楽しめるとより面白くなるなと思いつつ。

2日目・3日目編に続く。

新百合姉妹好き

カテゴリ:
去年末の山陰方面遠征と記事の順番が前後するものの、
先に新百合ヶ丘駅に行って来たお話をさせてください。

17日に新百合ヶ丘駅に行って来ました。「新百合ヶ丘好き」称号獲得がその目的です。
最初は「こんなことできたらいいよねー」みたいな感じでtwiplaを立てて放置していたのですが、
別の方が開催する運びとなりすんなり日程が決定。

関東以外から参加したのはたぶん自分だけかな(((
ちなみに主目的が駅メモな遠征は今回が初めてです。
もちろん駅メモ要素以外も入れ込んでますのでそちらはまた別ポストで。

てなわけで新百合ヶ丘に降り立ってアクセスしつつ、
うららの命名由来?と噂されている「五月台うららの街」を聖地巡礼しつつ、
他にもかねてからフリーパス販売期間内にと思っていた相鉄全線のコンプなど、
一通りの目的を達成した後は夜行バスで家を経由せず直接いつもの出先へ行くなかなかの強行日程でした。

-------------------------------------------------------------------------------------

地元で滅多なことにはうららを見かけない(ほこねもあんまり)だけに、
殴る人殴られる人みんなほこうらという至福のひとときを過ごすことができました。
というか、称号を得るためだけに新百合ヶ丘に足を運ぶ人があんなにいるとは思わなかった…
自分が思う以上にほこうらに思いを寄せているマスターが多いことがわかって嬉しかったです。

妹愛バースト(含インフェルノ)も1年分ぐらい受けた気がしますw
皆さんうららがいるのを解って発動して楽しんでいるわけですから、
ほこねぇの妹への愛情が単なるゲーム上の設定を超えて、各マスターの中に乗り移ったように見えました…
その愛を受ける自分のうららさんを眺めながら、駅をめぐる攻防がメインであるはずの駅メモを
こんなに温かいゲームにしてしまうほこねぇのスキルの偉大さに思わず目頭が熱くなりました。
度を超した変態さ故に普段はネタキャラとして扱われがちなほこねぇですが、
深いところではしっかりとうららさんと結ばれている、そう確信しました。
参加者の皆さんも改めてほこうらの魅力を再確認したのではないでしょうか…?

さて、殆どの一般マスターさんはほこねのスキルのメインはAP上昇だと考えていると思います。
しかし、私はうららのHP上昇がメインのスキルだと声を大にして言いたい。


ほこうらはいいぞ。



P.S. 参加者の皆さん、遅くなりましたがお疲れ様でした。また今回の企画・主催者の方に謝意を表します。

20160127_214521

このページのトップヘ

見出し画像
×