カテゴリ:

「マスター、ここから出して~」
車両基地の中に枯れた声がこだまする。
「ねぇってば!」
その少女が声を荒げてもなお、マスターは表情一つ変えずに黙り込んでいた。


・―・―・―・―・―・―・―・
9月のある日、ふと駅にアクセスすると協会から箱が送られてきた。中にはでんこが入っていた。
「あれ、でんこって有料だろ?配送ミスかな」
手紙には新でんこレンタルサービスとあった。
そして、新でんこは未来の有能ソフトウェアをベースにした優れものだとも書いてあった。
未来の人気ソフトウェアと聞いて一瞬心が揺らいだが、マスターはふと我に返った。
「レンタルだろ?万が一壊したら有償修理だろうしこれは放置しとこうっと…」
新でんこは思い出を集めた量に応じて無償譲渡されるらしかったが、マスターには旅行をする時間も無ければ気力もなかった。


新でんこはリコという名前だった。
未来では高性能なソフトウェアのキャラとして多くの人の役に立っていた。
それを見た協会が、このキャラそっくりのボデーとこのソフトウェアを内蔵したでんこを開発したのだった。
ただ、新でんこはそれまでとベースが全く異なるために、量産を前にテスト機を生産して試験を行うこととされた。
思い出集めのノルマが達成できなかったテスト機は回収され、不具合の原因調査のため解体されることになっていた。
しかし、そんなことはリコには全くどうでもいい話だった。
自分の人気と有能さに自信を持っていた彼女は、試験をパスしてテスト先のマスターと過ごせると当たり前のように考えていたのだ。

しかし現実は違った。レンタル品として送られたために、マスターはリコに触れすらしなかったのである。
おまけにマスターの働く工場は家の目と鼻の先だった。これではどうにもノルマが達成できるはずが無かった。
本来ただのキャラクターだったはずの自分がやっと手に入れた物理的な身体。
それが無くなるということが現実味を帯びるにつれ、そのことがリコにとってひどく怖く感じられるようになった。
焦りを感じたリコはどうにかして事態を打開しようとマスターに話しかけるようになった。
しかし、リコがどれだけ呼んでもマスターは相手をしてくれなかった。
・―・―・―・―・―・―・―・

叫んでも無駄だ、もうどうしようもない。そう悟ったリコはマスターを呼ぶことを止めた。
全てを諦めた瞬間、身体の力が抜けていくのがわかった。
どうにも涙が止まらなくなったリコは車両基地の片隅で泣き続けた。
そしてしばらくするうち泣き疲れた彼女はやがて眠りに落ちてしまった。

ちょうどその頃、流石に居たたまれなくなったマスターは家を出る準備をしていた。
何もあてはなかったが、取り敢えず遠くに行く、それだけは心に決めていた。

彼女が目を覚ます頃には、彼女に貼られた"Rental"のシールはきっと剥がれているに違いない。

山陰方面遠征(3日目/島根編)

カテゴリ:
1日目2日目の続きです。3日目は移動に殆どを費やしましたので写真は少なめに…
起きてまずは2日目の到着時刻が遅くのんびり入っていられなかった温泉に入浴。
入浴後はのんびりバイキングで朝食。大山の牛乳、おいしかったです(でも大山って鳥取…)。

IMG_1878_1
駅に行くとまだ9時前だというのにみことさんがニートしてました。
この日はこのまま夕方になるまでずっとニートする運用という…
一畑電車さんは予め運用を公開して下さっているのでこうなるのは分かってたのですが、
日程が合わなかった以上仕方ないですね。

IMG_1883_1
列車は朝の宍道湖を見ながら出雲へと走っていきます。
座席が湖の側を向いているのがいいですね。

IMG_1887_1
こんな感じでした。ちなみに後ろの車両は改造されておらず格差が…

さて、駅メモ的に見た一畑電車ですが、山陰本線で出雲市・松江間を通過する場合、
松江しんじ湖温泉~出雲大社間のみ乗車すればコンプ可能です。
(詳しくは地図を見ていただければわかるかと)

要するに自分は電鉄出雲市まで乗る必要がなかったのですが、
出雲市駅にはお土産物コーナーがあり、実はここが結構重宝するんです(個人の感想)。
ということで出雲市駅まで乗車してお土産を物色し、折り返しすることに。

IMG_1893_1
右が松江から電鉄出雲市まで乗り、折り返しも乗車した電車です。
左は…くにちゃん!

IMG_1894_1
くにちゃんの車内。
1+2列の半個室ボックスシートが並んでいます。各座席テーブル付き。
かなりハイクオリティだなと思います。

IMG_1914_1
恥ずかしながら出雲大社へ参拝。目的は…察しろ💢
何かいい出会いがないもんですかね。

IMG_1920_1
雲は多めでしたが以前行った時は雨だったので晴れて良かったなぁと。

参拝の後は雲州平田の車庫へ。

IMG_1947_1
一番手前の車両と真ん中のくにちゃんは元を辿れば京王で活躍した同形車です。
ちなみにシーナさんのモデルもこの元京王の車両を改造したものです。
一番奥は元東急の車両で、神畑のいおりさんと元は同形だった車両。

IMG_1962_1
残念ながら奥の方では解体を控えたみことさんが放置されていました…
その後結局こちらの編成は解体されたようです…
2月末時点でみことさんのモデル車両は1本しか残っておりませんのでみこと詣ではお早めに。

とこれだけ済ませるともう時間がなくなる…
15:04松江発に乗らないと家に帰れないんです。特急ワープも選択肢としてはアリなのですが…

IMG_2007_1
新見から岡山まで乗ってきた電車。かわいいラッピングでした。

おしまい。

山陰方面遠征(2日目/広島・津和野編)

カテゴリ:
1日目の続きです。
広島市街地で一泊した後は始発で動き出します。

IMG_1664_1
列車を乗り継ぎ江波車庫へ(敷地外より撮影)。
左から順に元大阪市電,元西鉄福岡市内電車,元京都市電らしいです。
大阪京都は地元なので写真で見る機会も多いですが、福岡は知らなかった…

IMG_1665_1
江波に来た目的は何といってもシャルさんこと200形!
でも柵と格納庫の扉が邪魔でこの程度にしか撮れない…(´・ω・`)

IMG_1674_1
係員の誘導の元、最短2分間隔で次々と電車が出庫し、街へ向かいます。
ついつい見惚れてしまうひとコマ…

で、外からこの景色を10分以上見続けていたわけですが、
流石にこのまま帰るのも不完全燃焼なのでダメ元で車庫内撮影のお願いに行くことに…

あっさりと許可がいただけました…

IMG_1691_1
朝焼けシャル。

IMG_1698_1
衣装そのまんまですよね!近くで見ると改めて感動。

IMG_1706_1
後ろにいたのは100形。
11月~3月運行のシャルと交代で4月~10月の土日に運用されているそうです。
こちらも是非一度乗ってみたいですね。

IMG_1722_1
サイドから。大きなパンタグラフもシャルを連想させます。
こんなに実車そっくりなんてもう感動するしかない。

IMG_1729_1
斜め前から。どこから見てもシャルはシャルだった。
しかし窓が大きいですね。見晴らしもよさそうですし今度来たときは乗りたい…

職員の方にお礼をして、車庫撮影はこの程度に市街地へ戻ります。
忙しい時間に入れていただき本当にありがとうございました…
(ちなみに、明るさのこともありますし車庫訪問するならお昼の方がおすすめです)

IMG_1753_1
次に向かったのは原爆ドーム。

IMG_1756_1
比較的被害の少ない部分からは建築された当時の重厚な姿が偲ばれます。

IMG_1755_1
一方で崩れ落ちた残骸やねじ曲がったらせん階段からはその惨状も…
あちこちに補強の鉄骨をはめ込まれつつ、満身創痍で今も何かを伝えようとしています。

IMG_1762_1


この後は朝ご飯を食べに行きます。近いので徒歩。

IMG_1763_1
途中、神戸市電とすれ違いました。
色と車号の書体でわかるよねっていう。地下鉄が今も引き継いでるので。

朝ご飯の後はスタンプラリーの目的地へ!

IMG_1785_1
広電本社前です!
江波よりは連接車両が目立つ印象。こちらは時間がないので入りません。
(てかそもそも入れるのかしら)

ちゃっちゃとスタンプを押しつつ広島を後にします。
久しぶりに鉄道が面白いと思えました…絶対また来ますよん。

さて、2日目の第2目的地は…?
IMG_1812_1
IMG_1831_1
山口県をすっ飛ばして島根県はここ津和野が第2目的地です。
割と有名なんで目的地に設定したものの…ここで90分も暇が潰せるのか…?

IMG_1816_1
取り敢えず駅の外に出ると目に入って来た蒸気機関車。

IMG_1858_1
「デゴイチ」の愛称でお馴染み、D51形蒸気機関車です。

IMG_1821_1
恥ずかしながら蒸気機関車の運転室に入り込むのはこれが初めて(たぶん)。

IMG_1828_1
大きな圧力計がずらりと並ぶ姿を見ていると、本当に蒸気で動くんだなぁと。
動いてる姿を生で見たくなりました…そのうちどこかに乗りに行こうっと。

IMG_1834_1
列車が来る瞬間を収めたくなる踏切。
残念ながら自分が乗る列車までここには何も来ません…

IMG_1835_1
いかにもなタバコ屋と自転車屋。まるでジオラマの世界に入り込んだかのようです。
こういう街並み、好きだなぁ。

IMG_1838_1
赤瓦とも言われる石州瓦の色が美しい建物。学校かな?
答えはのちほど。

IMG_1841_1
殿町通り。こちらの菖蒲とお掘が有名なようですが、菖蒲が冬に咲いてるわけもなく。

IMG_1843_1
でも鯉が泳いでいました。

IMG_1836_1
よくわからないけどアヒルもいました。

さて、先ほどの建物クイズの答えを…

IMG_1846_1
津和野町役場津和野庁舎(旧鹿足郡役所)です。この役場、建築は1919年というから驚き。
門の前には早くも門松が飾ってあり、これぞ和風建築という風景が展開されておりました。

IMG_1850_1
落ち着いた城下町の風景が続きます。

ところがそんな中異彩を放つ建物が…

IMG_1847_1
ゴシック様式の真白な建物が姿を現しました。津和野カトリック教会、昭和6年の建築です。
ずっと和風な流れだっただけに、見つけた時あまりの様式の違いにビクッとしました。
ちなみにこの外観でいて中は畳敷きだそうです…

IMG_1852_1
日暮れ前に訪れたのは覚皇山永明寺。島根県の指定文化財です。
資料館には森鴎外に関する資料や手紙なども展示されていました。
年の暮れの平日ということもあり人もおらず、実に静か…

IMG_1855
庭園を見ながら水の音だけに耳を傾ける静かな時間。
こうした静けさ、無の時間こそ今の自分に最も足りていないものだったでしょう。

心地よさの余韻に浸りつつ、津和野を後にします。

IMG_1874_1
山陰本線は温泉津駅で特急の接続待ち。暇なので降りました。

IMG_1872_1
たぬきバス!

おしまい。3日目編に続く。

このページのトップヘ

見出し画像
×