車両的でんこ考3

カテゴリ:
以前でんこの元ネタ企画記事を書いたところ割と好評だったので調子に乗って第3弾。

さっそく見ていきましょう!

でんこNo.31 ありす
alice
コアなファンの多い印象がある(偏見)ありす。

モデルはJR四国の特急列車8600系。2014年にデビューしたJR四国の最新型電車特急です。

ちなみに、この8600系が使用される列車はほぼ固定されていますので、

乗りたい方はJR四国のホームページを参照してください。

さて、ありすですがフ子先生のでんこらしく実車の意匠をよく汲んだ衣装デザインとなっています。

まず、胸元からお腹にかけてのオレンジ・グレー・ブラックの塗り分け。

こちらは実車の車体裾からスカート部分にかけての塗り分けそのままです。

そして上着にあしらわれたグレーの点線。こちらは実車にも同じ模様が入っています。

また、上着のオレンジ部分に黄色い点が描いてありますが、

こちらは恐らくヘッドライトをイメージしたものでしょう。

見れば見るほど電車なデザインなのはいかにもフ子先生らしく好感が持てます。

ただ、どうしてもわからないのが新居浜姉妹が身につけているペンダント。

何がモチーフなのかさっぱりわかりませんでした。

どことなく笛のようにも見えますが、先端が光ってるので違いますね…(?)

些細な情報でも結構ですので、わかる方は是非教えてください…

P.S.この写真を撮ったのは坂出駅です。アサ宅でぐうたらするありす、なんて妄想も捗りますね!

でんこNo.27 やちよ
yachi
こちらもファンの多い印象(特に創作勢に)のやちよ。

カラーリングは智頭急行の標準カラーを模したものということで、特定の難しいでんこの1人です。

ただ、やちよと言えば何といっても引きこもりですから、その性格を鑑みて、

智頭急行線内の普通電車を中心に活躍しているHOT3500形をモデルだろうと推測しました。

ポンチョ(?)の裏側の青/青帯/ピンクのカラーリングは車両そのままです。
(この写真だと見えませんが、ドア横はピンク色になっています)

しかし、カラーリングだけですと下のHOT7000形特急電車も全く同じなんです。
yachi2
ただこちらは大阪~鳥取・倉吉間の特急として幅広く活躍してるので引きこもり感がないですね。

逆に言えばそれ以外に否定要素がないです。どっちがやちよだろう…

ちなみに、先に書いた普通電車(HOT3500形)の方も、

智頭急行線内のみならず、JRに乗り入れて鳥取まで走っています。

どっちがやちよなのかますますわからなくなりましたね。

でんこNo.39 るる
lulu
突如見慣れないタッチで登場し、新絵師誕生か!?と駅メモerを沸かせたるる。

モデルは近鉄26000系特急電車「さくらライナー」です。

近鉄と言えばエリアも近鉄電車がモデルでした。

JRでんこと姉妹でんこを除くと、1つの会社から複数でんこが登場するのはこれが初のケースです。

白と桜色のカラーリングから実車がわかりやすいですね。

所々黄色と緑がアクセントとして使われていますが、

これはリニューアル前の姿をイメージしたものかと思います。
lulu2
リニューアル前は車体側面裾のグラデーションが桜色ではなく緑/萌黄色でした。

(この写真には緑色の部分しか写っていませんが…)

でんこNo.47 なつめ
natsu
レーダー拡張でここぞという時に助けてくれるなつめ。

モデルは料金不要特急・ダブルデッカー車連結で有名な京阪8000系です。

なつめもフ子先生のでんこらしく、実車のパーツ/塗装がふんだんに盛り込まれています。

まず上着の裾の湾曲した金色。

こちらは京阪特急名物ダブルデッカー車の塗装を模したものと思われます。

ズボンに至っては、弧を描く黒色からその下の線、裾の四角い模様といい、

実車の先頭部分そのままです。

また、靴については(確証は持てませんが)塗り分けや線の引き方から推測すると、

恐らく実車のスカート周りがモチーフかなと思います。

また、手袋の色は車内の座席をモデルにしたものと考えられます。
natsu2
座席は濃灰色、ヘッドレストのカバーはグレー味のある赤で、なつめの手袋と一致します。

--------------------------------------------------------------------------
そこそこ人気だったので第3弾を企てたのですが、写真が少ないのが辛いですね。

wikipediaのような転載可のページから写真を持って来てもいいのですが、

「わざわざそこまでして書いてどうなるのか?」というのが自分の中にあるので、

自前写真のないでんこを避ける方向でいきます今後も自前写真だけでどうにかなるように頑張ります。

つづく…?

みことに会いに行こう!

カテゴリ:
※この記事は「ステーションメモリーズ! Advent Calendar 」13日目の記事です。

-------------------------------------------------------------------------------
先日、twitterで「Advent Calenderやりたいけど書くネタが無いわー」と言ったところ、

企画者の某みそいn…せんせーに「うららならいくらでも書けるだろ」と言われた
ので、

敢 え て み こ と で 書 き ま す 。
-------------------------------------------------------------------------------

みなさんみことのモデルはご存知ですか?wikiで見た方も多いかなーと思います。
彼女のモデルは島根県の松江-出雲間を走る地方私鉄、一畑電車の3000系です。
miko
こうして見るとわかりやすいですね。詳しい説明も読みたいという方はこちらの記事もどうぞ。
ただ、このみことモデル車両は新車導入により2017年1月中に引退予定となっています。
2016年12月にはさよならヘッドマークが付き、今最後の活躍をしているところです。
では確実にその姿を見るにはどうすればいいのか?というのをまとめてみました。
せっかく18きっぷも使えるシーズンですので、みんなでみことさん(+くにちゃん)に会いに行きましょう!!!!!!!

美談姉妹に会いに行く方法
  1. 一畑電車のホームページに行きます。
  2. ホームページの「お知らせ」欄一番下にある「【車両運用】x月x日~x月x日」をクリックします。
  3. 「車両運用xx月.pdf」を開きましょう。
    ここで、各車両がどの日のどの時間に走るのかの英記号を確認します。
    なお、情報は定期的に更新されるのでこまめに最新の情報をチェックしましょう。

    ちなみに、みことさんモデルは3006号、くにちゃんモデルは5009,5010号です。
    kuni
    左が5009号、右が5010号です。
    くにちゃんの誕生日は左の5009号の改装が完了した日にちなんでいるのですが、
    「しまねの木」の看板で胸元のアクセサリーのモチーフが隠れてしまっています。
    誕生日を取るか、アクセサリーのモチーフになったエンブレムを取るか。
    どっちも見るに決まってますよね。お好みで決めましょう。どっちも見るというのも勿論アリ。

  4. 記号を確認したら、2.で開いていたページの「運用付き時刻表」を開きます。平日と休日で違うので注意
  5. 開いた時刻表の「運用」欄の記号と3.の記号を照らし合わせると、その日どの列車でお目当ての車両が来るのか一目瞭然!

という流れです。
ただ、当日急な故障で走らなくなったりすることもありますので注意しましょう。
といっても日頃の行いが悪く行く予定の日に走ってないこともあったりします。
そうした時の対処法も併せて紹介します。

乗れなさそうな時の対処法
ケース1:乗りたい車両が空欄になっていて運用がない
 →他の車両が故障すると走るかも?そうでもない時は大抵雲州平田駅横の車庫で寝ています。

ケース2:(平日の場合)乗りたい車両がA・B・★D運用のため、昼間に走らない
 →A運用は昼間松江しんじ湖温泉駅で寝ています(ホームから見えます)。
   B運用は朝方の仕事が終わると回送されて、昼間は雲州平田駅横の車庫で寝ています。
   ★D運用は朝方の仕事が終わると回送されて、翌日まで雲州平田駅横の車庫で寝ています。

※雲州平田の車庫で寝ている車両はほぼ確実にホームから見ることができます!

さあ、これであなたも美談姉妹に会えますよ!!!!やったね!!!
ちなみに、強敵として車両取り替え(表の中で『A/』『/E』のように記載)が存在するのですが、
これに関してはどのタイミングで取り替えなのかわからないだけに運任せです。
ただ、取り替えの場合でも、走っていない時は基本雲州平田の車庫か
松江しんじ湖温泉駅横の線路に止まっていると思います。
予定表通りの列車でお目当ての車両が来なかった時はまずそちらを覗いてみましょう。

おすすめのキップ
一畑電車コンプ・美談訪問・みこくに乗車を全部したい人には「1日フリー乗車券」(1500円)がおすすめです。
ただ、出雲市-出雲大社と出雲大社-松江の普通運賃は合計1300円ですので、美談で降りる予定がなく、一畑電車に片道しか乗らないという人は普通乗車券の方がお得です。この辺りは各自お財布や旅行計画と相談しましょう。
この他にも、バス含めて3日間乗り放題の観光に便利なきっぷや、沿線の博物館/植物園/遊覧船などのチケットが付いた1日フリー乗車券もあります。松江・出雲観光を検討している人はそちらも参考にしてみては?
お得なきっぷの詳細はこちら(一畑電車ホームページ)をどうぞ。

==============================================
ここまで美談姉妹に会う方法を長々と書いてきました。
一畑沿線には世界遺産に認定された松江城、縁結びの神様出雲大社など観光スポットが沢山あります。
そして食べる方でも出雲そばや出雲茶、海の幸にしじみの佃煮など色々楽しめます。
個人的には「とんばら漬け」という漬物がとても好きです。奥出雲の野菜・山菜をシソの実と一緒にしょうゆベースで漬け込んだもので、素朴な味わいはごはんにぴったり!そば屋でも付け合わせとして出てくることがあります。
せっかくの機会ですのでのんびり島根観光を楽しむのもありだと思います!
みことに会ったことがある方もそうでない方も、この冬はぜひ美談巡礼してみてくださいね!

このページのトップヘ

見出し画像
×